プロフィール

プロフィール & ごあいさつ

 

ご覧いただきありがとうございます。

カウンセリングルーム uminone ayako です。

 

私はごく普通の活発で明るい女の子でした。

近所の子ども達と沢山遊び、一人の時間も楽しむことができる子どもでした。

きょうだいとも仲良しで、親の愛情も感じて育ってきました。

 

ただ、なぜか充実できない日々を感じていました。

 

何気ないことで他人と比べられることに敏感に傷つき、

自分でも他人と比較するようになり性格にも悩みを持つようになりました。

楽しいことに対して純粋に楽しむことができず、

常に他人の評価を気にして「なんだか疲れる」日々を送っていました。

 

そして常に強い不安を抱えていたように感じます。

楽しいことはたくさんあるのだけど、

それ以上に不安な思いが勝ってしまうのです。

 

 

例えばこんなことを考えるのです。

 

母親が出かけると

「交通事故に遭ってしまわないか心配で、いてもたってもいられない」

「自分や家を捨ててどこかへ行ってしまうのではないか」

外出や旅行にいくと

「事故に遭うかもしれない」

「父親の機嫌が悪くなったらどうしよう」

友達に対し

「私と遊んでて本当に楽しいのかな?」

「私の性格悪いって思われてないかな」

などなど、

人以外にも乗り物が事故に遭う、

災害などの不安も常に抱えていました。

この不安は大人になっても続き、

彼氏ができても

「彼は私を知れば知るほど嫌いになるかもしれない」と考え、

いつ別れがきても傷つかないように心の準備をしている自分がいたりするのです。

また、仕事では上司や同僚に「この人がいると迷惑だとか思われてないかな」と、

関係良好でも心の奥では不安を抱えているのです。

 

先のことへの不安、恐怖・・こんなことばかり考えてしまうので疲れていました。

とくに、

社会に出てからは「完璧主義」なところがあり、

責任の重圧さも重なり体調を崩しやすくなりました。

 

自分に対し劣等感も強くなっていき、

上手くいっている人は別世界やテレビの中の人のように感じ

「自分はそうはなれないし・・」

「幸せになれる人もいるけど自分には望む人生は歩めない」

「自分は幸せになってはいけない」

とわりきり冷めているところがありました。

 

 

そんなある時、

学生の頃に勉強していた心理学をもう一度学んでみようと思いました。

すると、

「ありのままの自分でいい」ことがどういうことなのかわかり

霧が晴れるように気分が良くなり常に抱えていたモヤモヤ感がなくなっていきました。

 

今まで、どんなに自分で自分を苦しめてきたのかにも気づき、

自分を大切にすることへ思考を転換することができるようになりました。

 

色々上手くいかないことを他者や環境のせいにしてきたことにも後から気付きました。

もっと言うと、

気付いていたけど認めることができなかった自分を受け止めることができるようになりました。

 

特に喜怒哀楽の激しい父のせいで自分は不幸だと感じており、

社会人になってからは家を出ましたが、

少しずつ自分の気持ちを癒し整理ができて

父への嫌悪感はなくなり、

亡くなるまでの間、父の幸せを願い介護することができました。

 

人生に生きづらさを感じている人が幸せな人生に転換していく為には

「気づき」「自己受容」が必要です。

その為には一人で抱え込まずカウンセリングを通して

何に気付き、どのように自己受容するのかを知り

幸せな人生を切り開いて行ける自分になれば良いと思うのです。

自分も幸せになり他人の幸せも願えるような社会になれたら素敵ですよね。

 

私はこれまでの社会経験を活かし、

子どもから大人まで、一人でも多くの方が

幸せになるためのお役に立ちたいと思います。

 

 

日々の中で

誰にでも簡単に実践できる

「一生モノ」のセラピー

提供していきます。

 

カウンセリングを受けることにより

「自分を知る」ことができ、

自分を知ることは

より周囲の人や環境と

上手く付き合っていく方法を知ることもできます。

 

不安・苦しみを、ほっと安心・笑顔に変えていきたい

 

そう願い、サポートを行っています。

uminone ayako