学校、仕事、行くのが辛い

こんにちは

uminone ayakoです

 

紫陽花の季節になりました。

コロナ騒ぎで休校やテレワーク等

今までにない生活を皆さん過ごされていることと思います。

6月に入り、なんとか通学や通勤している感じでしょうか・・

そんな皆さん、良く頑張っていますね!お疲れさまです(´ー`)

 

なかには、

ずっと学校を楽しみにしていた、

テレワークばかりより、会社の方が仕事がはかどる

という方もいらっしゃるかと思います。

 

 

私はこのコロナ騒ぎになっても

あまり生活は変わらない方だったかと思います。

 

それでも、緊急事態宣言が解除になることで

「また生活スタイルが変わるんだな」と

世の中の動きに変化が起きることに

緊張する自分を感じました。

 

なので

もともと通学・通勤が苦痛だった方にとっては

この再開はものすごく辛いことではないかと思います。

コロナ感染が怖くて仕方ない方もいらっしゃいますよね。

 

 

数年前のある時、知人と待ち合わせをしました。

もう暑い季節なのに、

その知人は全身真っ黒な服装で

帽子(夏用ではない)をかぶり

待ち合わせ場所で立っていました。

私はその姿に驚き

「暑くないですか?」と聞くと、

知人は「放射能が怖いんです」と。

 

その年は東日本大震災のあった年でした。

私たちが会った場所は

福島から遠く離れた場所です。

 

確かに、

一時的には放射線量に気を付けて生活していた時期もありましたが

ほぼ周囲は通常の生活を取り戻している頃でした。

観光地での待ち合わせでしたので

夏服の観光客が沢山いました。

それでも知人にとっては

安心することができず

暑さよりも「放射能が怖い」

気持ちがずっと強いのでした。

 

 

 

今、コロナが少しずつ終息してきて

正しく理解し正しく付き合うことを

頭ではわかっている・・

 

でも「怖い」

コロナがこわい

 

 

学校の友達がこわい

会社の人間関係がこわい

 

「怖い」という気持ちは

どうすることもできません。

 

私はその「怖い」という

どうにもならない感情を

知人を通して理解することが

できたように思います。

そしてもっと配慮する必要がありました。

安心できるまでに時間が必要なのです。

 

学校好きで健康で皆勤賞の人には

学校に行きたくない気持ちを理解するのは難しい

仕事が順調で楽しい人には

仕事に行きたくない気持ちを理解するのは難しい

 

 

コロナとの正しい付き合い方を教わっても

怖いものは怖い

それが理解できない人もいる

経験したことがないことを周囲が理解するのは難しいのです。

 

だからその気持ちを教えて下さい。

そして理解できない周囲の反応に諦めないでほしいのです。

周囲も理解できるまでに時間が必要なのです。

 

 

でもそれでは辛いままです。

無理に頑張らないことを自分が自分に伝えてあげましょう。

周囲になかなか理解してもらなくても、

自分が自分の感情を無視せず理解してあげましょう。

「学校に行くの嫌なんだね、行かなくてもいいんだよ」

「仕事辞めてもいいんだよ」

「コロナこわいよね」

と、自分に言ってあげて下さい。

 

声に出して言ってあげるとより効果的ですよ。

 

「○○しなければならない」という思いは

自分を苦しめることになります。

「○○しなくても良い」という言葉に置き換えることで、

無意識に自分を苦しめていたものから解放されるのです。

「学校へ行かなくてもいいし、行ってもいい」

そう許可すると、

「とりあえず学校に行ってみるか」と

気楽に考える余裕が出てくるかもしれません。

 

それでもやっぱり行きたくない、

行くのが辛いと感じていたら、

休息が必要なサイン。

たっぷり身体を休めてから

何か始めてみるといいですね♪

 

 

学校へ行かなくても

勉強はできるし、

夢を叶えている人はたくさんいます。

 

 

小学校・中学校時代は義務教育の期間です。

世界中に「勉強をしたくてもできない環境」の子ども達がいる中で、

日本では「無料で勉強できるお得な環境」があるわけです。

 

そして、

そこにたくさんの人が集まり、

友達ができ、

素敵な思い出もたくさん作れる機会でもあるのです。

 

学校が、「行かなければならない場所」ではなく、

「人生をより豊かにしてくれる行きたくなる場所」

でありますように

また一日、一週間、自分の好きなこと、自分が喜ぶことを考え楽しみましょう(´ー`)

 

uminone ayako

https://uminonecocoro.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です