あなたが危機を回避できた時に出た言葉は?

こんにちは。

東海道線沿線、湘南エリアの心理カウンセラー uminone ayako です。

育児、アダルトチルドレン、HSP、人間関係を専門にしています。

 

日々の中で、

誰にでも簡単に実践できる

「一生モノ」のセラピー

を目指しています。

 

あなたが転びそうになった時、

支えてくれた方がいたとします。

あなたはその時

どちらの言葉が頭に浮かびますか?

 

●「危ないところだった!!」

●「助かった~!!」

 

「危ないところだった!」は、

緊張感があり、

マイナスの要素が入ってますね。

決して悪い言葉ではありません。

 

 

ただ、

「助かった~!!」だと、

安心感があります。

そして、支えてくれた方への感謝も伝わります。

 

 

起きた状況は同じでも

どう捉えるかで

その時、その後の感情が変わります。

 

 

私はどちらかと言うと、

「危なかったー!!」(ドキドキ💦)

のタイプでした。

 

ですが、ある時、

中学生の女の子と

待ち合わせをしていた際、

電車が停まってしまう状況の中、

ギリギリ待ち合わせ時間に

お互い間に合いました。

 

その時に女の子が

「助かったぁ~」

と言ったのです。

 

ちょっと使う言葉は違うような気がしますが、

私はその捉え方に対して

"いいね⤴⤴"と思いました。

 

捉え方は長年の習慣(クセ)がありますが、

意識していくと、やがてそれが習慣になります。

「危なかった!」を「助かった!」

の捉え方にすると、

表情が明るくなり、目線が上を向くようになります。

緊張しやすい、疲れやすい人は

どんな捉え方だったら自分が心地良いと感じるか

見つけてみて下さい✨

 

自分にとって心地良く前向きに捉えられるとは、

表情が明るくなり目線が上に向くような言葉です(´ー`)

さらに詳しく知りたい方は

お試しカウンセリングをお受けになってみて下さい。

 

通常120分20,000万円を

特別に、

お試しカウンセリング60分3000円

にてご提供させていただきます。

毎月先着で5名様まで

ご予約お待ちしております(*´▽`*)

お試しカウンセリングご予約フォームはこちら

メールにて申し込みご希望の方は下記へ

uminonecocoro12@gmail.com

LINE「友だち追加」していただくと、ブログ配信時、お知らせ届きます(^^)/

友だち追加

カウンセリングルームuminone ayako

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です